忍者ブログ

[PR]

2017年12月12日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビートルズ来日:記事と動画で振り返る

2009年06月29日
ビートルズ来日・・・台風のような出来事

今日は何の日60年代・70年代プレイバック ~忘れられない今日がある~ 毎日更新

1966年(昭和41年)6月29日(水)のニュース
ビートルズがついに日本にやってきた

ビートルズがついに日本にやってきた
写真提供:Getty Images
イギリスの人気ロックグループ、ザ・ビートルズが6月29日午前3時39分、台風の影響で予定より遅れ羽田着の日航機で来日。
世界各地でビートルズファンが騒動を起こしていることを警戒し、空港にいたる道に検問所を設けたため空港での混乱はなかった。
翌日から7月3日まで日本武道館で計5回の公演を行ったが、連日2000人以上の警備体制が敷かれた。
武道館でロックコンサートが行われたのは、これが初めてである。
 

 

ビートルズは日本武道館公演のため、
1966年6月29日から7月3日までの5日間、日本に滞在しています。

日本政府は、この4人の若者に対して
国賓と同等いやそれ以上の厳戒体制を敷きました。


羽田に到着した6月29日には 空港付近で一斉検問を実施、
羽田への立ち入りは禁止され、高速道路は閉鎖されるという
厳戒体制だったのです。

正当な理由のないものは、全く羽田空港に近づく事が
出来なかったのです。


到着したビートルズは 外国の政府要人ですら全く例がないという
空港の滑走路の誘導路から さらに滑走路を横切って、
当時の整備地区を走り抜けて 高速道路へと突っ走っていきました。


警視庁は羽田付近が混乱した時は ヘリコプターによる脱出作戦や

滑走路にまでファンが飛び込んでしまって着陸できない事態まで
想定し 横田基地への緊急着陸の対策までたてていたとの事です。


宿舎ヒルトン・ホテルは、常時一個中隊の機動隊員と150余名の
ガードマンが待機・警備するというものものしさ。

4人は、ヒルトン・ホテルからは当然パトカーの先導で武道館入り。

武道館のコンサートでは、一万人の入場者に対して
2500人の警官が会場に配置されていました。


後に明らかにされたところでは、
ビートルズ滞日中の警備・厳戒体制のために動員された警官は
延べ8370名、使われた経費は都合9000万円。


音楽アーティストに対する警備としてはまず前代未聞のことでしょう。

ビートルズ来日時の『超特別な過剰警備・厳戒体制』が、
日本国内で問題になった事は 
当時の新聞を引っ張り出してごらん頂くとよいと思います。

ビートルズの動画


その前座のドリフターズの動画


PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: